即日融資の比較:アコムと他の金融業者

お金を借りる時に一番気になるのは「すぐにお金を借りることができるか」です。アコムをはじめとする金融業者の即日融資はどのようになっているのでしょうか。

アコムで即日融資が可能な申込方法

アコムは消費者金融の中でも融資スピードに優れていてもちろん即日融資にも対応してします。そのため今すぐお金が必要という人がよく利用している消費者金融でもあります。アコムの申込方法は主に無人契約機のむじんくんかアコムのホームページという形になります。どちらの方法でも即日融資に対応してもらえるので申込方法は自分の都合の良い方法を選んで構いません。

無人契約機のむじんくんで申し込む場合は本人確認書類となる運転免許証を持参して中に設置されている機械を操作して手続きを進めていきます。操作方法は画面の指示通りに操作すれば問題なく出来ます。また電話も備え付けられていてオペレーターの方と会話出来るので質問する事も可能です。契約完了したらその場でカードが発行されるので即日融資が可能です。

アコムのホームページから申し込む場合はWeb完結で出来るのでスマートフォンだけで申し込みをする事が出来ます。ホームページで必要項目を入力して本人確認書類はスマートフォンのアプリで撮影して提出する形になります。それで審査が可決されれば契約完了となって融資可能となります。融資可能になったら振込キャッシングを利用出来るので即日融資が可能です。

無人契約機のむじんくんとアコムのホームページのどちらで申し込んでも最短1時間で融資可能になるのですぐお金を借りたいという人はおすすめの消費者金融です。

⇒ アコムについての詳細はこちら





東京スター銀行なら即日融資にも対応できます

東京スター銀行はファイナンシャル・フリーダムという企業哲学によってお客さまをお金の心配から解放、生活をサポートすることに力を入れています。無担保ローンであるスターカードローンは特にそれを反映させたローン商品で、原則300万円までなら年収証明書は不要、正社員だけでなく派遣、自営、また学生であっても定期的な収入があれば申し込みが可能なのです。

電話、あるいはインターネットからの申し込みが簡単でスピーディーで、振り込み、または返済で使用することになるため東京スター銀行の口座を持つ必要がありますが、すでにお持ちの方では最短の場合、申し込んだその日のうちに融資してくれますから、急いでいる方にもおすすめのローンなのです。

銀行が提供するサービスですから金利が低いのも特徴で、年利4.5%~14.6%で利用することができますが、融資額が大きくなるほど金利が下がっていきますから、ちょっとしたお借入れだけではなく、長期的な利用を考えている方にも適しているのです。

また毎月の返済金額も利用額ごとに定められているので、計画的に返済していくことができますし、お金に余裕がある時は返済日以外ても任意で返済していくこともできるのです。

即日融資から短期~長期までのご融資に対応できる東京スター銀行のカードローンは、お金の心配を解放する商品として強くおすすめできるのです。





株式会社つばさコーポレーションと即日融資など

株式会社つばさコーポレーションは不動産担保関連のお金を借り入れするところです。不動産を担保にするため即日融資はできません。ですが、取り扱っている商品も豊富で事業をしているかたを対象にしていたり独身や家族などの個人を対象にしたりといろいろとあります。

今家を買うにしても税金が高くなっている一方ですし何より固定資産税などの税金についても本当にいろいろとかかります。しかしその中で株式会社つばさコーポレーションなどの不動産担保ローン系の商品を取り扱っている会社は大変便利だと思います。

そして不動産担保ローン系の名前としても担保としたりお金の借り入れについても様々な方法などがあります。審査の進み具合についても相談の仕方の方法が各種あり何よりファックスなどの方法も使えることもまた魅力にはなるのかなと思います。

ここのサイトについてはお客様の返済に対して私は優しさがあると思います。なぜかというと返済するときに借り入れするときのお金の金額や返済に対しての期間などが打ち込むことができて何より自分で忙しい時に出もすぐに簡単であることがいいと思います。そして何より忙しい毎日でも電話などでやり取りをするところがまたいいところだと思います。





プロミスと即日融資

消費者金融最大手のプロミス。いわゆるヤミ金やブラック金融と違いプロミス位名前が知られていると使う方も安心できますよね。お金を借りる時やはり少しでも早く契約を完了してお金を手元に置きたいと思った時その日の内に全ての手続きを終えてしまいたいですよね。

プロミスは24時間申込が可能ですが、ホームページには希望連絡時間帯として設定出来る時間帯として朝9時から夜9時までと記載があります。ですから例えば夜9時半に申し込みをしてもプロミス側が確認するのは速くても翌朝という事になります。こうなるといわゆる「即日融資」と言われるものから外れてしまいます。

1日位なら大丈夫という人は構わないですが急ぎで融資を受けたいならば申し込みをする時間帯には気を付けましょう。但し夕方頃に申し込みをしたら翌日以降に回されてしまうケースがあります。プロミスのホームページには振込での融資を希望する人は14時頃までに申し込みをしたら当日中の振込が可能とあります。

ですから融資を口座に振込でと希望するならば14時より前。口座振込でなくて構わないと言う方もあまりに常識はずれな時間に申し込んだら即日融資を受けれないと覚えておきましょう。あくまでもこちらはお願いをする立場だと言う事です。





アイフルで即日融資を受ける時の注意点

アイフルは消費者金融なので上限金利が高く設定されている他に総量規制の対象になるので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。

そのため多額の借り入れを希望する人や長期に渡る返済をしてしまう人には向いていませんが、即日融資には対応しているのですぐお金が必要で少額借りて早めに返済するという人には適した消費者金融でもあります。

アイフルにはてまいらずという無人契約でんわBOXがありますが必ずしも自宅周辺に設置されているというわけではないので即日融資を希望する場合はホームページから申し込みをする方がおすすめです。

ホームページから申し込む場合はスマートフォンで手続きをする事になるので家にいながら出来てしまいます。アイフルはこのように利便性が高い消費者金融なのでたくさんの人が利用していますが、注意点もあって即日融資を希望する場合は平日14時10分までに振込の依頼を完了しなければいけません。

銀行振込は基本的に平日の15時までしか出来ないので振込の依頼が15時以降になってしまうと口座に振り込んでもらえるのが翌日以降になってしまいます。そのため確実に即日融資を受けるためには午前中に申し込んで契約完了するような形にしておいた方がいいでしょう。






このページの先頭へ